page: 1 | 1 - 10 | total: 1000
生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話
“生涯投資家”がサイバラに財テク術を伝授
“もの言う株主”として一世を風靡した村上氏が、バクチと株は負けっ放しの西原氏に投資の極意を伝授。日経225で実践した結果は?
“生涯投資家”がサイバラに財テク術を伝授
“もの言う株主”として一世を風靡した村上氏が、バクチと株は負けっ放しの西原氏に投資の極意を伝授。日経225で実践した結果は?
JPY 1,200
孤独の意味も、女であることの味わいも
女であることは、強さと矛盾しない。知性は感性を殺さない。本を偏愛した少女時代。学校生活での疎外は暴力へ。夫との出会い、最愛のわが子を喪う経験、母親から再び女性になるということ。どんなことがあっても救えない子はいない。正解のない試行錯誤そのままに、気鋭の国際政治学者が、長年抱いてきた葛藤を初めて語る。
女であることは、強さと矛盾しない。知性は感性を殺さない。本を偏愛した少女時代。学校生活での疎外は暴力へ。夫との出会い、最愛のわが子を喪う経験、母親から再び女性になるということ。どんなことがあっても救えない子はいない。正解のない試行錯誤そのままに、気鋭の国際政治学者が、長年抱いてき...
JPY 1,404
新聞という病
こうして新聞は
大衆に負けた
平成の“押し売り”報道全記録。
生き残る情報、死ぬ報道を喝破する。
◎地道な取材より会見の失言狙い
◎いまだ左右対立視点しか持てず
◎戦争をするのは日本という不安商法
◎日中友好絶対主義
◎命より憲法という本末転倒
◎タブーを週刊誌に丸投げ
◎ご注進ジャーナリズム
◎発言切りとりで舌禍創作
◎ヘイトと差別を使い分け
傲慢記者が「ファクト」を殺す
司馬遼太郎氏が書いた“老記者”から、
「権力の監視」を大仰に謳う記者へ。
なにが変わったのか。
「事実より観念論」の恐ろしさが浮き彫りになります。
こうして新聞は
大衆に負けた
平成の“押し売り”報道全記録。
生き残る情報、死ぬ報道を喝破する。
◎地道な取材より会見の失言狙い
◎いまだ左右対立視点しか持てず
◎戦争をするのは日本という不安商法
◎日中友好絶対主義
◎命より憲法という本末転倒
◎タブーを週刊誌に丸投げ
◎ご注進...
JPY 950
ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。
「34歳のときに治らないがんの告知を受けた。後悔はない。それは、すべてを自分で選んできたからだ。」 家族、友人、仕事、お金、自分の居たい場所、そして生と死。命を見つめ続けてきた写真家が、大切にしてきた「選ぶ」ということ。 生きにくさを超えるために、自ら「選ぶ」ことの意味を、強くやさしいことばで綴る。「生きにくさを感じている人に、生きやすさを感じてもらえることを願ってーー。」
「34歳のときに治らないがんの告知を受けた。後悔はない。それは、すべてを自分で選んできたからだ。」 家族、友人、仕事、お金、自分の居たい場所、そして生と死。命を見つめ続けてきた写真家が、大切にしてきた「選ぶ」ということ。 生きにくさを超えるために、自ら「選ぶ」ことの意味を、強くや...
JPY 1,620
安楽死を遂げた日本人
NHKスペシャルでも特集!
ある日、筆者に一通のメールが届いた。
〈寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います〉
送り主は、神経の難病を患う女性だった。全身の自由を奪われ、寝たきりになる前に死を遂げたいと切望する。彼女は、筆者が前作『安楽死を遂げた日本人』で取材したスイスの安楽死団体への入会を望んでいた。
実際に彼女に面会すると、こう言われた。
「死にたくても死ねない私にとって、安楽死は“お守り”のようなものです。安楽死は私に残された最後の希望の光です」
彼女は家族から愛されていた。病床にあっても読書やブログ執筆をしながら、充実した一日を過ごしていた。その姿を見聞きし、筆者は思い悩む。
〈あの笑顔とユーモア、そして知性があれば、絶望から抜け出せるのではないか〉
日本では安楽死は違法だ。日本人がそれを実現するには、スイスに向かうしかない。それにはお金も時間もかかる。四肢の自由もきかない。ハードルはあまりに高かった。しかし、彼女の強い思いは、海を越え、人々を動かしていったーー。
NHKスペシャルでも特集!
ある日、筆者に一通のメールが届いた。
〈寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います〉
送り主は、神経の難病を患う女性だった。全身の自由を奪われ、寝たきりになる前に死を遂げたいと切望する。彼女は、筆者が前作『安楽死を遂げた日本人』で取材したスイス...
JPY 1,555
できないもん勝ちの法則 その調子でいつまでもおバカでいてくれよ
ひすいこたろうの愛息が教えてくれる大人が忘れていた大切なこと 思い出せ、子どもの自分! 僕らはみんな子ども出身!
どんな自分でも、受け入れられ、認められ、ゆるされ、愛される居場所。そんなHOME【わが家】がこの星全体に広がったら、地球こそ天国になるねーーエピローグより
ひすいこたろうの愛息が教えてくれる大人が忘れていた大切なこと 思い出せ、子どもの自分! 僕らはみんな子ども出身!
どんな自分でも、受け入れられ、認められ、ゆるされ、愛される居場所。そんなHOME【わが家】がこの星全体に広がったら、地球こそ天国になるねーーエピローグより
JPY 1,512
独学のススメ 頑張らない! 「定年後」の学び方10か条
趣味がなくても大丈夫!
「独学」の秘訣10か条
「趣味がない」なんてしょんぼりしなくて大丈夫。「やりたいこと」の見つけ方、お教えします。何歳からでも“成長”できます。定年後はますます楽しくなりますーー。定年後に「独学」でプログラミングを学び、世界最高齢のアプリ開発者として一躍有名人に。英語のスピーチはグーグル翻訳で乗り切り、旅先で知り合った牧師さんの家を訪ねてみたり。自由気ままな84歳。毎日を楽しく生きるコツは、頑張りすぎない「独学」にありました。
第1条 バンジージャンプじゃあるまいし、
こわがらずに飛び込んでみよう!
第2条 飽きたらやめちゃえ
第3条 「英語」は大阪人のノリで
第4条 ノルマを課しちゃダメ
第5条 「やりたいこと」の見つけ方、お教えします
第6条 ちょっと待った! 自分史を書くのはまだ早い
第7条 「将来」に備えない。10年経ったら世界は違う
第8条 退職してからのお友達の作り方
第9条 本から学ぼう
第10条 教えることは、学ぶこと
趣味がなくても大丈夫!
「独学」の秘訣10か条
「趣味がない」なんてしょんぼりしなくて大丈夫。「やりたいこと」の見つけ方、お教えします。何歳からでも“成長”できます。定年後はますます楽しくなりますーー。定年後に「独学」でプログラミングを学び、世界最高齢のアプリ開発者として一躍有名...
JPY 886
キレる!(小学館新書)
“キレる人・キレる自分”に振り回されない。
本書では、“キレる”という感情について、「なくすべきもの」とネガティブに捉えず、脳科学的に分析しながら具体的な対処法・活用法を考察していきます。ここ最近、高速道路での悪質なあおり運転(ロードレイジ)、児童虐待、モンスターペアレント等、怒りを抑えきれずに社会的な事件につながるケースが数多く起こっています。
そこで、「“キレる”という感情は、人間にはそもそも備わっているもの」という視点に立ちつつ、怒りの正体を科学的に分析しながら、“キレる人”や“キレる自分”に振り回されずに怒りの感情を活用して、上手に生きていく方法を探っていきます。
“キレる人・キレる自分”に振り回されない。
本書では、“キレる”という感情について、「なくすべきもの」とネガティブに捉えず、脳科学的に分析しながら具体的な対処法・活用法を考察していきます。ここ最近、高速道路での悪質なあおり運転(ロードレイジ)、児童虐待、モンスターペアレント等、怒...
JPY 842
シンクロちゃん
**ひすいこたろう氏、推薦!
■シンクロ星から地球にやってきた
シンクロちゃんと学ぶ運命好転メソッド!
本書の主人公は「ある理由」から
シンクロが起きなくなってしまった
シンクロ星の救世主シンクロちゃん。
ある日、地球に送り込まれた彼女は
シンクロニシティを起こしまくる
シンクロマスターのサトユミ先生から
その奥義「10秒スイッチ」を教わり、
徐々にシンクロが起こせるようになっていく。
やがて、シンクロ星へと帰っていくが……。
マンガで学べるシンクロの教科書が誕生!
レッスン1~10のギャグ漫画+マジメな解説で
シンクロちゃんと一緒に学び進めながら、
知らず知らずのうちに
読者も「シンクロ体質」となって
思い通りの現実を引き寄せてしまう 新感覚の体感型読み物。
■【警告】
この本を読むと、
幸運な偶然が起こりまくる
「シンクロ体質」になってしまいます。
■本書の目次
プロローグ シンクロちゃん、地球へやってくる
本書『シンクロちゃん』について
Lesson1 いまの自分の気持ちに気づく
Lesson2 自分に自信が持てないとき
Lesson3 行動できなくて責めてしまうとき
Lesson4 なかなか直らないクセで責めてしまうとき
Lesson5 失敗した自分をダメだと思うとき
Lesson6 悩んでグルグルしてしまうとき
Lesson7 本当はどうしたいの?
Lesson8 未来がうまくいくと信じられないとき
Lesson9 相手に不満があるとき
Lesson10 一人で頑張ろうとしてしまうとき
エピローグ シンクロちゃん、シンクロ星を救う**
**ひすいこたろう氏、推薦!
■シンクロ星から地球にやってきた
シンクロちゃんと学ぶ運命好転メソッド!
本書の主人公は「ある理由」から
シンクロが起きなくなってしまった
シンクロ星の救世主シンクロちゃん。
ある日、地球に送り込まれた彼女は
シンクロニシティを起こしまくる
シンクロ...
JPY 1,080
知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本
人気シリーズ第10弾。日本では平成から令和へと新しい時代に移る。しかし、先行き不透明で内向きになっている世界。今こそ歴史に学び、未来を拓くために世界が抱える大問題を知る必要がある。そのための解説本。
人気シリーズ第10弾。日本では平成から令和へと新しい時代に移る。しかし、先行き不透明で内向きになっている世界。今こそ歴史に学び、未来を拓くために世界が抱える大問題を知る必要がある。そのための解説本。
JPY 929
page: 1 | 1 - 10 | total: 1000